2012年07月03日

七夕の思い出


もうすぐ七夕。

七夕と言えば毎年思い出すことがある。

あれは多分、もう10年以上前になるのかなぁ。
赤坂見附の駅に笹が飾ってあって短冊とペンが置いてあるという、
よくある「ご自由に願い事をどうぞ☆」のコーナーが設けてあり
フト見た短冊に「小池徹平くんが有名になりますように」と書いてあった。

当時私は小池徹平くんを知らなくて、一緒にいたアイドルに詳しい友達に
「小池徹平くんって誰」って聞いたくらい。
でも私が疎いわけじゃなくて世間的にもウエンツくんの方が圧倒的に有名だったし
友達にも「ウエンツの相方だよ」と教えられたし私もウエンツ君は知ってた。

その時自分が書いた願い事はすっかり忘れてしまったけど、
あの誰かが書いた願い事は鮮明に覚えてる。

そして七夕が来るたびに、どこの誰だか知らないあの子のことを思い出して
「良かったね」って、なんだか妙に幸せな気分になるのでした。
posted by やなせ和歌子 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記